画像処理とは|計測制御ソフト受託開発 インフォテック


画像処理


画像処理とは、カメラで撮影した画像をコンピュータで演算し、目的とする情報を導き出す処理です。

工場での製品検査、ロボットの物体認識、文字やバーコードの読み取り、製品組立時の位置あわせなど、計測制御ソフトではよく使用する技術です。
行いたい内容に応じた画像変換のアルゴリズムを実行し、最終的に必要な情報を導き出します。

よくあるシステム構成を以下に記載します。
1.PCで画像撮影をおこない、自社開発の画像処理ライブラリを使用して画像処理を行う。
2.PCで画像撮影をおこない、市販の画像処理ライブラリを使用して画像処理を行う。
3.画像処理専用のハードウェアで画像撮影と画像処理をおこない、結果だけをPCやPLCで処理する。
どのシステム構成も一長一短があるため、コスト・速度・拡張性などからベストな方法を提案いたします。


画像処理 受託開発事例





HOME 会社案内 事業内容 受託開発事例 自社製品情報 要素技術 ブログ 求人情報 サイトについて サイトマップ お問い合わせ

▲ページの先頭へ