A/Dとは|計測制御ソフト受託開発 インフォテック


A/D


A/Dとは、アナログ信号をデジタル信号に変換すること。

温度・流量・トルク・振動など計測機器からの計測値は、電圧や電流のアナログ信号で出力されています。
アナログ信号のままではパソコン等のコンピュータで扱えないため、アナログ信号をデジタル信号に変換(A/D変換)してコンピュータに入力します。

A/D変換には専用のボードやユニットを使用します。変換速度・Ch数・分解能などにより使用する部材を選定します。

インフォテックでは、A/D制御に不備が無いかの確認や、問題発生時に早期解決が行えるよう、以下の実装を必ず行っております。
1.外部機器やA/Dボードなどの装置が無い場合でも動作確認が行えるように、装置をソフト上でエミュレーションして実行する機能。
2.制御のタイミングの確認が行えるように、A/D制御のログファイル出力機能。
3.現在のA/D入力値をモニターで視覚的に把握できるように、A/D入力値のリアルタイム表示機能。


A/D 受託開発事例





HOME 会社案内 事業内容 受託開発事例 自社製品情報 要素技術 ブログ 求人情報 サイトについて サイトマップ お問い合わせ

▲ページの先頭へ