RS-232Cとは|計測制御ソフト受託開発 インフォテック


RS-232C


RS-232Cとは、シリアル通信インターフェイスの1つ。シリアルポートとも呼ばれる。
PC間やPC-機器間のデータの送受信に使用されます。
以前はモデムを繋いで通信インターフェイスとしてよく使われていました。

最高通信速度は115.2kbps。コネクタにはD-sub9ピンやD-sub25ピンが使われます。

通信方式が簡単で、インターフェイスとして普及しているため、計測器やPLCなどとの通信に今でも使われています。
最近はUSBやイーサネットを使用した通信インターフェイスが増えているので、今後は利用されなくなっていく規格です。


RS-232C 受託開発事例





HOME 会社案内 事業内容 受託開発事例 自社製品情報 要素技術 ブログ 求人情報 サイトについて サイトマップ お問い合わせ

▲ページの先頭へ